• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

「華龍1号」原発技術が英国進出か

人民網日本語版 2017年04月05日14:42

中国広核集団(中広核)が明らかにしたところによると、中広核とケニアのエネルギー・石油省に所属する原子力発電局がこのほど原子力発電研修協力枠組合意と秘密保持合意に調印した。この動きは中国・ケニアの実質的な技術協力およびビジネス協力の展開に向けて、また中国が自主開発した第3世代原子炉「華龍1号」のアフリカ進出に向けて重要な一歩を踏み出したことを意味し、今後の中国の原発ユニット技術設備と建設工事の総合請負サービスの輸出につながるものと期待される。

中広核の賀禹会長は、「中広核はフランス電力会社、英国政府と一連の合意に調印しており、『華龍1号』は英国の新規原子力発電所建設に伴う包括的設計審査(GDA)に合格すれば、英国エセックス州ブラッドウェル原子力発電所Bプロジェクトに採用される。そうなれば中国の原発技術が、世界で最も早く原発の営業運転を実現させた伝統的原発強国の英国への進出を果たしたことになる」と話す。

試算によると、原発1基の輸出は小型自動車100万台の輸出に相当する。現在の中国先端製造業における世界進出情勢を最もよく体現しているのは、一つは高速鉄道であり、もう一つはこの「華龍1号」になることは間違いない。

「華龍1号」は中国の2大原発企業である中広核と中国核工業集団公司(中核)が、日本の福島第一原子力発電所事故の経験のフィードバックや中国と世界の原発の安全に対する最新の要求を踏まえて研究開発した、第3世代の設備容量100万キロワット級加圧水型原子炉(PWR)技術だ。

第3世代原発技術の最も典型的な特徴は、安全性が新たな高みに達していることだ。「華龍1号」の特徴は二重の安全シェルターにあり、内側のシェルターは原子炉に事故が起きても、放射性物質が外に漏れることはなく、外側のシェルターは外部からの衝撃といった損害への耐久性があり、商用大型航空機の衝突などにも耐えられる。また発電所のあるエリアは日本の福島原発事故と同程度の地震災害に耐えることができる。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング