• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月10日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

中米の新たな青写真を描いた首脳会談

人民網日本語版 2017年04月10日13:28

中国の習近平国家主席は現地時間6、7両日、米フロリダ州パームビーチの別荘「マー・ア・ラゴ」でトランプ米大統領と首脳会談を行った。中米首脳会談は米新政権発足後初であり、中米関係の風向計と見られた。具体的には重要な意義が4つあった。(文:蘇暁暉・中国国際問題研究院国際戦略研究所副所長。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

会談は中米関係の大局の基調を定めた。両首脳は中米関係発展の重要性を共に強調。習主席は、良好な中米関係は両国及び両国民にとって有利であるだけでなく、世界にとっても有利であり、両国にとって協力が唯一の正しい選択だと強調した。トランプ大統領は、世界の大国として米中両国の責任は重大だと指摘した。これを踏まえて双方は同じ方向に向かう考えだ。理由は2つある。第1に、中米は共に協力を望み、互恵協力分野の拡大を望んでいる。第2に、中米関係の起伏を長年見てきた中米は、政治制度、発展路線、社会・文化など各分野の相違のために摩擦や問題が生じるのが正常な事であると理解しており、かつ双方共に相互尊重を基礎に溝をうまく管理・コントロールする意向と能力を有している。

会談は中米関係発展の障害を取り除いた。中米関係は各レベルに及び、スムーズで有効な対話協力制度による支えが必要だ。首脳会談で双方は外交・安全保障対話、包括的経済対話、法執行及びサイバーセキュリティー対話、社会及び人的・文化的対話という4つのハイレベル対話制度の設置を発表した。このうち外交・安全保障対話と包括的経済対話はすでに始動し、今後の協議事項も決まった。

会談は中米関係を深めた。中国側は米側の重要な懸念を直視。双方は経済・貿易問題について協議した。米側の問題視に対して中国側は、中米が重要な貿易パートナーであり、経済・貿易関係が両国民に恩恵をもたらし、双方協力の基本原則が互恵・ウィンウィンであるべきことを善意をもって指摘した。中国は双方が経済・貿易摩擦を適切に処理することを支持するとともに、中米が協力のパイを大きくして、問題を根本的に解決することを提案した。また、中国は開放と共有を堅持しており、習主席は「一帯一路」(the belt and road)の枠組での協力への米側の参加を歓迎すると明確に表明した。中国側は台湾、チベット、南中国海などの問題における原則的立場を重ねて表明し、米側が誤った判断をするリスクを減らした。両首脳は世界や地域の重大な問題についても意見交換。


【1】【2】

関連記事

関連特集

コメント

最新コメント