• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月14日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>科学技術

フレッシュフルーツを多く摂取することで、糖尿病のリスクダウン

人民網日本語版 2017年04月14日14:01

統計データによると、中国人のフレッシュフルーツの摂取量は、米国などの先進国の人々を大きく下回っている。11日に発表された新たな研究では、中国人にフレッシュフルーツを多めに摂取するよう提案している。なぜなら糖尿病の罹患率や関連合併症のリスクを下げることにつながるからだ。新華社が伝えた。

この研究は米国の医学誌に掲載された。オックスフォード大学と北京大学、中国医学科学院の研究者が協力して進められた。この研究におけるフレッシュフルーツとは、リンゴ、ミカン、ナシといった加工がされていない果物を指す。

研究者は中国の10ヶ所の地域で、35−74歳の成人50万人以上を対象に、アンケート調査と身体検査を行いデータを収集した。また入院中の記録や通常死報告システムを通じ、被験者の健康状況を把握した。

7年間の追跡調査で、新規の糖尿病発症を1万人確認した。また調査に参加した当初からすでに糖尿病だった3万人以上の被験者のうち、1万人以上が併発症を起こし、3400人弱が死亡した。

研究者はこれらの疾患の発生リスク、フレッシュフルーツの摂取量の関連性を詳細に分析した。その結果、フレッシュフルーツをまったく食べない、もしくはほとんど食べない人と比べ、毎日食べる人は7年間の追跡調査中で新たに糖尿病にかかる確率が12%低かった。調査中すでに糖尿病にかかっていた患者の場合、フレッシュフルーツを摂取することで健康が大幅に改善された。毎日100グラムを摂取することで、糖尿病患者全体の死亡率を17%下げ、虚血性心疾患や中風などの大血管の併発症にかかる確率を13%下げることができる。糖尿病腎症、糖尿病網膜症などの小血管の併発症にかかる確率は28%低かった。

研究者は、フレッシュフルーツにより糖尿病や併発症のリスクが下がる原因を突き止めるまで至っていないが、これは果物の抗酸化物質と関連しているのではと推測している。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年4月14日

関連記事

コメント

最新コメント