2017年4月15日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

国連の持続可能な開発目標の達成にチャンスをもたらす「一帯一路」構想

人民網日本語版 2017年04月15日09:57

国連経済社会局(UNDESA)と中華エネルギー基金委員会はニューヨークの国連本部で今月11日、「『一帯一路(the belt and road)』の構想が持続可能な開発目標を促進する」ハイレベルセミナーを開催。国連の関係者や経済学者、各国の外交官など100人以上が集い、「一帯一路」構想をめぐる熱い議論が交わされた。参加者は、「一帯一路」構想は、国連の持続可能な開発目標の達成のために、新たな契機をもたらし、世界の協力・ウィンウィンを推進するための新たなモデルケースになるとの見方で一致した。人民日報が報じた。

国連で経済や社会に関する事務を担当する呉紅波・副事務総長が、「『一帯一路』構想は、インフラの分野だけでなく、人と人との関係においても、世界のつながりを強化する。『一帯一路』構想は、持続可能な開発のための2030アジェンダを実現するために大きな契機をもたらす」との見方を示すと、ミレニアム開発目標(MDGs)に関する国連事務総長特別顧問を務めるジェフリー・サックス氏も、「『一帯一路』構想は、現代経済史上で最も重要な経済発展構想の1つである」と評価している。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年4月15日

関連記事

コメント

最新コメント