2017年5月16日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

外国為替資金残高が21兆6千億元に 4月末

人民網日本語版 2017年05月16日12:33

中国人民銀行(中央銀行)が15日に発表したデータによると、4月末現在の外国為替資金残高が21兆5789億5200万元(1元は約16.5円)となり、前月末に比べて419億9800万元減少し、18ヶ月連続で減少した。

中国交通銀行金融研究センターの劉健シニア研究員は、「4月の外国為替資金残高が419億9800万元の減少となり、引き続き小幅に改善したのは、主に人民元レート要因の影響によるものだ、4月の人民元レートは落ち着きをみせ、米ドル対人民元のレートは基本的に1ドル6.88元前後の小幅での変動となった。だが人民元切り下げへの期待は引き続き存在し、企業はレートが安定を保つかどうかに引き続き様子見の態度をとっていたとみられ、これが外国為替資金残高の目立った改善をある程度制約した」と分析する。

招商証券の謝亜軒チーフマクロアナリストは、「4月の外国為替資金残高が419億9800万元減少したことは、国境を越えた資本流出の状況をより真実に迫って反映したものといえる。外貨準備残高は204億ドル(1ドルは約113.4円)増加し、これは主に他の通貨を米ドルに換算するレート、債権の資産価格の見積もりの変動、債権の利息収入といった要因の寄与によるもので、外国為替資金残高と外貨準備残高の動きは乖離していない」との見方を示す。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年5月16日

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング