2017年5月18日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

外交部、台湾が対日交流窓口の名称変更について

人民網日本語版 2017年05月18日10:57

外交部(外務省)の華春瑩報道官は17日の定例記者会見で「日本政府は台湾当局と共謀して台湾の対日交流窓口の名称を”亜東関係協会”から”台湾日本関係協会”に変更し、日本と台湾地区の実質的関係の格上げを企てた。中国側はこれに強い不満を表明する。日本側に対して、誤ったやり方を正し、中日関係に新たな妨害を作らないよう促す」と表明した。

【記者】報道によると台湾当局は17日、対日交流窓口の名称を同日より「亜東関係協会」から「台湾日本関係協会」に変更すると発表。「日本台湾交流協会」の沼田幹夫代表も式に参加した。これについてコメントは。

【華報道官】世界には一つの中国しかなく、台湾は中国の一部だ。中国政府は中国との国交樹立国が台湾といかなる公式な関係を維持することにも断固として反対する。日本政府は台湾当局と共謀して台湾の対日交流窓口の名称を「亜東関係協会」から「台湾日本関係協会」に変更し、日本と台湾地区の実質的関係の格上げを企てた。中国側はこれに強い不満を表明する。日本側に対して、「中日共同声明」の定める原則及びこれまでの中国側との約束をしっかりと順守し、『一つの中国』の原則を堅持し、実際の行動によって誤ったやり方を正し、台湾当局及び国際社会に誤ったメッセージを発せず、中日関係に新たな妨害を作らないよう促す。

われわれは台湾当局に対しても、『二つの中国』『一中一台』を作ろうとするいかなる企ても思い通りにはならない運命にあると厳しく告げる。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年5月18日

関連記事

コメント

最新コメント