2017年5月19日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

「一帯一路」は世界の平和・安定に寄与 (2)

人民網日本語版 2017年05月19日08:20

「一帯一路」は人類運命共同体の構築という追求に合致する。世界各国は一層複雑なグローバルな試練に直面しており、利益融合の運命共同体を形成して初めてこれに対処できる。現在、覇権主義、強権政治、新干渉主義が台頭傾向にあり、一部の国は同盟関係を盲信し、小グループの利益を公益より優先している。これらは世界・地域情勢に影響する不確定要因、不安定化要因の解消を困難にしている。このため中国は各国に対して、自国の利益を追求すると同時に他国の理に適った懸念にも配慮し、自国の発展を図る過程で各国の共同発展を促進し、自らの安全を維持すると同時に共通の安全にも配慮するよう呼びかける。

「一帯一路」は必ず平和に寄与する。習主席は演説で、平和の道の建設を「一帯一路」の広大な展望の筆頭に挙げた。中国は協力・ウィンウィンを核心とする新型の国際関係を構築し、対立ではなく対話、同盟ではなく道連れのパートナーシップを構築する。中国は各国が互いの主権、尊厳、領土の一体性を尊重し、互いの発展路線と社会制度を尊重し、互いの核心的利益と重大な懸念を尊重する必要性を強調する。共通、総合、協調、持続可能な安全保障観を確立し、共に建設し、共に享受する安全保障構造を築く。

「一帯一路」は世界の発展に対する中国の貢献であり、世界平和を維持する重要な公共財でもある。このイニシアティブを打ち出し、実行することは、世界の平和・安定にとって幸いなことだ。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年5月19日


【1】【2】

関連記事

関連特集

コメント

最新コメント