2017年6月2日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

中日関係改善に日本は具体的行動を

人民網日本語版 2017年06月02日15:01

最近、中日間の相互交流が活発だ。5月中旬、日本の安倍晋三首相は中国主催の「一帯一路」(the belt and road)国際協力サミットフォーラムに自民党の二階俊博幹事長を派遣した。中国の習近平国家主席との会談時、二階氏は安倍首相の「熱意のこもった、内容豊かな」親書を手渡した。5月末には楊潔チ国務委員が訪日し、日本側と第4回中日ハイレベル政治対話を行うとともに、日本側高官複数と交流した。(文:華益声・国際問題専門家。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

相互交流の過程において、中国側は中日関係の良好な発展を促進する意向を改めて明確にした。中国側は「今年は中日国交正常化45周年、来年は中日平和友好条約締結40周年だ。中国側は中日関係を重視しており、この重要な節目にあたり両国関係の改善を進めたい」と繰り返し強調した。

中国は協力の誠意も示した。中国側は両国が二国間経済・貿易協力の構造転換と高度化を加速し、新たな協力分野を拡充し、経済のグローバル化と貿易の自由化を共に後押しすることを提案した。日本側がすでに「一帯一路」イニシアティブの是認を明確に表明していることから、双方はイニシアティブを中日の互恵協力、共同発展の新たなプラットフォーム及び「テストケース」とすることができる。中国は開放的包摂の原則を堅持し、日本側が「一帯一路」の枠組で中国側との協力を前向きに検討することを歓迎する。

中国は日本に善意を示すと同時に、譲れぬ一線と立場を明確にしてもいる。

まず、中国は中国と中日関係を客観的に受け止めるよう日本に促している。中国が平和的発展に尽力するのは、地域の国々にとってチャンスであり、試練ではない。中国の地位と国際的影響力は高まり続け、「一帯一路」イニシアティブは広範な同意を得て、世界中に根を張りつつある。中日関係の状態は両国民の幸福に関わり、地域の平和・安定・発展にも関わる。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント