2017年6月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

思春期にストレスが多すぎると、更年期にうつ病になりやすい?

人民網日本語版 2017年06月06日09:56

米ペンシルバニア大学の研究によると、思春期にかなり大きなストレスを受けた経験がある女性は、更年期になると、うつ病になるリスクが2倍近く高くなるという。この研究報告は、医学誌「Journal of Clinical Psychiatry(臨床精神医学ジャーナル)」に掲載された。北京日報が伝えた。

研究チームは1996年から2012年まで、35歳から47歳の女性243人の認知レベルと情緒に対する定期的な評価、血液検査、ホルモンレベル検査を行った。また、研究チームは、「いじめや暴力を受けたかどうか」、「両親が離婚したかどうか」、「飲酒癖があったかどうか」など、彼女たちの思春期の状況についても調査を進めた。その結果、思春期にこのような傾向があり、大きな心理的ストレスを受けた経験がある被験者は、更年期になるとうつ病になるリスクが、通常の女性より2.3倍高いことが明らかになった。

研究論文の筆頭著者であるニール・エパーソン氏は、「女性は、思春期と更年期でホルモンレベルがかなり激しく変動する。今回の研究により、人生の比較的早い時期に受けたストレスは、感情・気分・記憶に関わる脳の部分の発育や機能に対して、顕著かつ長期的な作用を及ぼすことが明らかになった。さらに、ストレスを受けた時期も重要な鍵を握ることが判明した」とコメントした。(編集KM)

「人民網日本語版」2017年6月6日

関連記事

コメント

最新コメント