2017年6月12日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

肉夾饃は日本のモスバーガーの「成功の道」を参考にできないか

人民網日本語版 2017年06月12日14:28

筆者は陝西省西安市で生まれ育ち、今は日本で仕事をしている。日本で生活をしていて一番懐かしく、食べたくなるのが、西安の名物でもある肉夾饃(中国式ハンバーガー)だ。(文:徐航明。瞭望東方周刊掲載)

肉夾饃のパンの部分は少し焦げ目が入っており、中には細く刻んだ煮込み肉が入っており、肉汁がたっぷりかけられ、サクサクしたパンと風味豊かな肉がとてもおいしく、肉が入っているにもかかわらずあっさりしている。肉夾饃は軽食であり、見た目が素晴らしいとは言い難いが、おいしい本場の味を出すのは簡単な事ではない。例えば、油は使わず、具も入っていない半発酵のパンは、外はサクサクとしていて、中はやわらかい。具になる肉は、いろんな調味料を使って煮込んだもので、火加減がとても難しく、あっさり味に仕上げなければならない。

日本の西安料理店でも、肉夾饃を食べることができるが、つまみとして出され、大きさも小さく、食感も本場のものとはちがう。毎回、西安に帰ると、いろんなグルメの中でも一番おいしいと感じるが肉夾饃で、それを提供している店はきれいとは言えないものの、そういったことが私の食べたい気持ちを阻むことはない。

肉夾饃を作る原理はハンバーガーと同じだ。1990年代、マクドナルドのハンバーガーが中国市場に進出し、「ハッピーを提供する」をテーマにしたブランド文化と清潔な店内を売りに、中国でもすぐに大人気となった。そして、今では中国各地にマクドナルドがある。一方、中国の「肉夾饃」を売る店のほとんどは依然として街の裏通りにあり、「高級路線」を歩んでいない。

西安人である私は、「肉夾饃が世界に広まる日が来るのだろうか?」とずっと考えている。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント