2017年6月20日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>科学技術

大学生の研究チームが人工角膜開発に成功

人民網日本語版 2017年06月20日14:07

江南大学が18日に発表した情報によると、同校薬学院の許淑琴教授と陳敬華教授の指導のもと、学部生5人による科学研究チームが感染性角膜炎の患者の表層角膜移植に使用できる、コラーゲン・硫酸コンドロイチン複合人工角膜の開発に成功した。科技日報が伝えた。

許教授は取材に対して、「コラーゲン・硫酸コンドロイチン複合人工角膜は量産化で高い優位性を持ち、実用の価値と経済効果が高い。原材料が得やすく、生成方法がシンプルで、大量生産に適している。術後に再生因子FGF10を分泌させ、従来の術後に抗炎症薬とFGF10を投与する方法を改良し、角膜細胞の癒合を促進することができる。脱細胞化動物角膜をベースとする生物工学角膜と比べ、高コスト・低可制御性という欠点を補っている。しかもこの人口角膜の生産コストは約1100元(1元は約16.34円)だ」と説明した。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年6月20日

関連記事

コメント

最新コメント