2017年6月28日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

便利なシェアリングサービスを待つ日本人 多すぎる規則が足かせ

人民網日本語版 2017年06月28日08:25

中国の自転車シェアリング企業・摩拜(Mobike)が日本市場に参入し、7月中旬から一部の地域でサービス提供をスタートさせる。また、年内にはサービスを提供する都市を主要10都市に拡大する計画だ。利用者はスマホを通して近くにある自転車を探すことができ、決済もスマホで済ますことができる。利用料金は30分100円だ。Mobikeは、ここ約1年の間に中国で自転車500万台を投入してきた。渋滞緩和や自動車の排気ガス減少、国民の健康などを促進するために、シンガポールや英国もMobikeの参入を既に認めており、同社にとって日本は3番目の海外市場となる。光明日報が報じた。

報道によると、Mobikeは日本法人としてモバイク・ジャパンを立ち上げており、日本でもスマホアプリを使った自転車シェアリングサービスを提供する。日本社会は、GPS機能が搭載され、スマホを使って近くにある自転車を探して、QRコードをスキャンしてシェアリング自転車に乗れるこのサービスに興味津々となっている。日本メディアは、「中国の都市では、タクシーの乗り合いアプリや民宿アプリなど、スマホを活用したシェアリングサービスが爆発的に成長しており、多くの人のライフスタイルを変えている」と報道している。中国では、この分野において活気があふれているのは電子決済サービスの普及と大きな関係があり、スマホを使って少額の料金で便利なサービスを享受できる。中国のインターネットサービス大手・阿里巴巴(アリババ)集団が運営する第三者決済サービス「支付宝」(アリペイ)や騰訊(テンセント)傘下の「微信支付」 (WeChatペイメント)などの電子決済サービスは、数億人の生活に欠かせない「必須アイテム」として中国で根付いている。

シェアリングエコノミーにより、利便性が大きく高まっていることは疑いの余地のない事実であるものの、どの地域にもそのスタイルがマッチするかということについては、まだ疑問が残る。自転車シェアリングを例にすると、日本にも現地の公共自転車などがあるものの、普及がそれほど進んでいないのにはいくつかの理由がある。例えば、日本の都市の公共交通機関は非常に便利で、地下鉄や路線バス、都市鉄道、電車、タクシーなどが、公共自転車に発展の余地を与えない。また、日本の地方都市や田舎の若者の多くは大都市でキャリアアップすることを望み、住んでいる人と言えば高齢者が多いため、公共自転車の普及は進まない。

また、日本は、大、中、小、どんな規模の都市でも、狭い道が多く、どこにでも自転車専用道路があるわけではない。そして、自動車教習所の指導員は、自転車との接触事故を避けるため、曲がる前にはできるだけ車を道路わきに寄せ、自転車が通れるスペースをなくすようにと教える。さらに、坂道が多い都市も多く、自転車をこぐのがたいへんという場合もある。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング