• 习主席出访俄德
2017年7月14日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

池袋は学問の一つ

人民網日本語版 2017年07月14日13:59

いつからか、東京の北側に位置する池袋は在日華人が集まる場所となり、中国の物を売る店や中華料理店、中国語の新聞社などが集合して、「チャイナタウン」となっている。池袋東駅の北口を出ると、たくさんの中国人がそこで待ち合わせる光景をよく目にし、中国語が飛び交っている。(文:黄文■、■は火へんに韋。在日華字紙・中文導報掲載)

東京の各場所にそれぞれの特徴がある。新宿、池袋、渋谷は三大副都心。正直言って、池袋は、俗っぽく、ごちゃごちゃした歓楽街の雰囲気が漂っている。しかし、その自由奔放な雰囲気の中で、とてもリラックスすることができる。在日華人は、池袋で中国各地の名物料理を味わうことができる。例えば、中国東北料理の店では、客も店員も、中国東北地方の方言で会話しており、中国東北部を流れる松花江の川辺にでもいるような気分に浸ることができる。

しかし、池袋は、単に食べたり飲んだりして楽しめるだけの場所ではない。池袋は歴史があり、バラエティに富む文化がある街でもある。

かつて、池袋は日本の前衛アーティストたちが集まる場所だった。大正前期から昭和の戦前まで、池袋には100人以上の画家、詩人、役者などが集まっていた。作家の小熊秀雄は、池袋駅西口に拡がるアトリエ村を「池袋モンパルナス」と呼び始めたと言われている。モンパルナスとは、フランス・パリのセーヌ川左岸14区にある地区で、1920年代の狂乱の時代、エコール・ド・パリと呼ばれた芸術家たちの中心地としても有名。今でも多くの人がこの街に特別な思いを抱いており、アーティストの楽園となっている。当時、「池袋モンパルナス」にある家にはアトリエがあり、多くのアーティストがその簡素でありながら、ロマンチックなアート天国で腕と感性を磨き、夢を馳せていた。

昨年末、筆者は豊島区中央図書館で開催された「池袋モンパルナス」をテーマにした地域研究ゼミナールに参加した。そのイベントには、「池袋モンパルナス」の画家の兄弟や息子なども参加していた。彼らも70-80歳の高齢で、子供の頃に見たり聞いたりした「池袋モンパルナス」に関して覚えていることを一つ一つ興奮しながら語るその姿を見ると、画家だった兄弟や父親らの光が今でも彼らの人生に輝きを与えているように感じた。今、「池袋モンパルナス」があった場所に住んでいる人たちは、当時の名残を大切に残すよう励んでいる。みんなで池袋の歴史を発掘しそれを保存しているのだ。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント