• 一带一路5周年
2018年8月21日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

政治|経済|社会|文化|中日
科学|写真|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

期待作の「高嶺の花」の評価はダダ下がり

人民網日本語版 2018年08月21日08:10

石原さとみが民放連続ドラマで初主演した2006年の「Nsあおい」は高視聴率で好評を博した。石原さとみはその後、14年の「失恋ショコラティエ」で大躍進。15年の「5→9~私に恋したお坊さん~」、16年の「地味にすごい!校閲ガール・河野悦子」も大ヒットドラマとなった。同2ドラマで演じた桜庭潤子と河野悦子に「失恋ショコラティエ」で演じた高橋紗絵子のような「小悪魔」さは無く、議論を繰り広げるよりも、自己主張をするという石原さとみのイメージが決定された作品ともなった。同2役を演じたことで、石原さとみは、職場では、自信に満ち、一生懸命で、目標がある一方、普段の生活ではとても自然で、かわいい、多くの人にとっての理想の女性となった。人民網が報じた。

石原さとみは今年、7月から放送されている野島伸司脚本のドラマ「高嶺の花」でヒロインを務めている。同ドラマは峯田和伸演じる自転車店の店主・風間直人と、直人にとって「高嶺の花」である石原さとみ演じる花道の名門「月島流」本家の長女・月島ももとの恋愛を描いている。しかし、視聴率は11.1%から第6話は7.8%まで落ちこみ、中国のコミュニティサイト・豆瓣の評価も5.9ポイントにとどまっている。同ドラマは石原さとみにとってイメチェンとなる重要な作品だったが、視聴者の心を捉えることはできていないようだ。「史上最もカッコ悪い主演男優」、長すぎる伏線、代わり映えがないヒロインの演技などブーイングの声が上がり、石原さとみにとって「高嶺の花」は、主演を務めたドラマで評価が最も低い作品となってしまっている。


【1】【2】

コメント

最新コメント