• 习近平主席出访
2017年1月25日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

2017年は中国映画の豊作年! ミステリーなどの大作が続々公開

人民網日本語版 2017年01月25日10:22

2017年は陳凱歌(チェン・カイコー)監督や馮小剛(フォン・シャオガン)監督、徐克(ツイ・ハーク)監督など、中国の巨匠たちの新作が次々に公開される予定で、中国映画は豊作の年になりそうだ。16年よりも、今年の中国映画はさらに期待作が多く、特にアレンジ系作品が豊富。中でも犯罪ミステリーやギャングが登場するアクション映画が話題を呼びそうだ。

「空海―KU-KAI―(原題:妖猫伝)」

監督:陳凱歌

主演:黄軒/染谷将太/張雨綺/秦昊/阿部寛

公開日:12月22日

陳凱歌監督の最新作「空海―KU-KAI―」のクランクアップ発表会が最近行われ、クリスマス映画として今年の12月22日に封切られることが明らかにされた。日本の小説家・夢枕獏(ユメマクラバク)の歴史伝奇小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」が原作で、紆余曲折のストーリーで、その新鮮で大胆な設定が見所。また、陳凱歌監督は遣唐使として唐に渡った空海役に、香港のスター・梁朝偉(トニー・レオン)の激賞を受けたことがあり、近年次々にヒット作を生んでいる日本の俳優・染谷将太を抜擢した。


【1】【2】【3】【4】【5】【6】

関連記事

コメント

最新コメント