• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月12日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

世界の軍事費は新たな増加期に

人民網日本語版 2017年04月12日15:05

軍事費は国際安全保障情勢、特に軍事安全保障情勢の風向計だ。近年、世界の主要国は次々と国防費を大幅に増やし、武器の発展と軍事力の強化を加速している。世界の軍事費の明らかな増加傾向を人々は注視し、憂慮している。人民日報が伝えた。

■主要な大国と中東、アジア太平洋が軍事費増加の中心

大国で軍事費の伸びが速いのは米国、ロシア、インドだ。

米国の軍事費は長年世界最大で、その総額は米国に次ぐ上位10カ国の合計を上回る。トランプ大統領は就任後まず、軍事費増額の姿勢を明らかにした。ホワイトハウスは3月16日の2018会計年度連邦政府予算案報告で、前年比約10%の540億ドルという大幅な軍事費増額を要求した。

原油価格が下落し、西側が対露制裁を堅持する中、ロシアの軍事費はここ2年大幅な減少傾向を見せており、短期間で大幅な増加に転じることは考えにくい。だが軍事力で国益を守り、大国としての地位を維持するロシアの決意に変わりはなく、武器の全面的な刷新、世代交代という発展目標にも変わりはない。国家予算において軍事費は常に優先される。

インドの国防費は長年の高度経済成長を受けて、全体的に着実な増加傾向にある。2004年から2016年で4.5倍になり、伸び率は年平均11.43%にも達した。

日本の軍事費は2013年以降5年続けて増加し、2016年に初めて5兆円を超えた。2017年の国防予算は前年比1.4%増加した。現在日本政府は基本的に毎年2、3回補正予算を組むことで軍事費を拡大している。たとえば2016年度は国防予算の4%となる計1986億円を追加した。海上保安庁の予算も過去最高額を繰り返し更新し、2017年には約100億円の増額となる2106億円を要求した。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント