2017年9月8日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

新着|政治|経済|社会|文化
中日|科学|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

中国の三大キャリアが「雄安新区」で前倒しで5G通信網整備へ

人民網日本語版 2017年04月12日08:32

大手通信事業者(キャリア)の中国電信(チャイナ・テレコム)はこのほど、北京市、天津市に隣接する河北省に設立が決まった新たな特区「雄安新区」で、世界的に最先端の基準を採用した次世代通信・情報施設を建設し、次世代の無線通信規格である第5世代(5G)の通信網を事前整備する計画を発表した。中国新聞網が報じた。

中国電信、中国聯通(チャイナ・ユニコム)、中国移動(チャイナ・ モバイル)の中国三大キャリアは全て雄安新区の建設指導グループを立ち上げている。三大キャリアは今後、雄安新区の情報通信インフラをハイレベル、ハイクオリティなものに整備する。うち、中国電信はギガビット(1000Mbps)の光回線をカバーし、LTEサービス「天翼4G」やモノのインターネット(IoT)向けの次世代無線通信方式NB-IoTなどを全面的に導入するほか、5Gの試験網を前倒しで新区に採用し、クラウドネットワークを融合し、安全で信頼できるスマート都市、情報化を実現できる基礎施設を事前整備する。

一方、中国移動は雄安新区に支社を立ち上げることを決定し、5G通信網を事前計画して、高速光回線の基礎ネットワーク整備を確保するとしている。

中国は2020年に5G通信網を商用化することを決めており、各キャリアは18年までに試験導入したい考えだという。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年4月12日

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング