• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月13日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

中日国交正常化45周年 日本側が交流促進記念行事執行委員会発足

人民網日本語版 2017年04月13日10:10

中日国交正常化45周年と中日平和友好条約締結40周年を記念するため、日本側は交流促進記念行事執行委員会を正式に立ち上げ、12日に東京で初会合を開いた。中国の程永華駐日大使、日本の福田康夫元首相、二階俊博自民党幹事長、及び日本経済団体連合会など関係機関、民間団体の代表200人余りが出席した。人民日報が伝えた。

程大使は挨拶で「中日国交正常化45周年と中日平和友好条約締結40周年はともに両国関係において記念すべき重要な年だ。とりわけ現在の情勢の下、機会をしっかりと捉え、両国関係の改善・発展を推進することには特別な意義がある。双方が両国指導者の共通認識の精神に照らして同じ方向に向かい、敏感な問題を適切に処理し、より積極的な環境づくりに努力し、一連の記念行事の順調な実施を確保することを希望する」と述べた。

福田氏は「少し前にボアオ・フォーラムに参加し、中国経済の安定的発展、力強い原動力を感じた。日本は自らの発展と地域協力のために中国との経済協力を一層強化する必要がある。一連の記念行事を通じて、日中関係の大きな環境を改善し、両国の政治的関係の改善と発展のために力を捧げることを希望する」と述べた。

二階氏は「記念行事により多くの両国民が参加するよう働きかけることを希望する。自民党として日中関係発展のために努力したい」と述べた。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年4月13日

関連記事

コメント

最新コメント