2017年4月17日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>科学技術

英国の科学技術チーム、食べられる貯水容器を開発

人民網日本語版 2017年04月17日10:40

ロンドンで工業デザインを学ぶ学生3人が、分子ガストロノミーからインスピレーションを得て、水滴状の貯水容器「Ooho」を開発した。学生らによると、Oohoは作りやすく低コスト、頑丈かつエコロジーで、生分解性を備え、食べることができるという。この容器は「spherification」技術により、2層の薄膜内に水を収める。「spherification」は液体を球形にする技術で、1946年に発表された。最近はスペイン人コックのフェラン・アドリアが広め、普及し始めている。卵黄が球形を維持できるのは、薄膜の層があるためで、同技術はこのような卵黄の構造に似ている。中国新聞網が伝えた。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年4月14日

関連記事

コメント

最新コメント