2017年4月27日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

外交部、安倍首相の靖国神社への真榊奉納について

人民網日本語版 2017年04月22日11:19

日本の安倍晋三首相が21日、靖国神社の春の例大祭に合わせ、真榊(まさかき)を奉納したことに対し、中国外交部(外務省)の陸慷報道官は21日の定例記者会見で、「中国は、日本が侵略の歴史と向き合い、深く反省して軍国主義とは一線を画するよう求める」と表した。

安倍首相の奉納のほか、河井克行補佐官や高市早苗総務相、さらに国会議員90人以上が靖国神社を参拝したことに対する、中国の見方について聞かれた陸報道官は、「靖国神社は侵略戦争の責任を負うA級戦犯をまつっており、中国は日本の政界要人の間違ったやり方に一貫して反対している。中国は日本に対し、両国間の4つの政治文書の精神を遵守し、両国間の4つの原則的共通認識を確実に実行し、侵略の歴史と向き合い、深く反省して、軍国主義と一線を画し、実際の行動でアジア隣国と国際社会の信頼を得るよう求める」と答えた。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年4月22日

関連記事

コメント

最新コメント

Kenical - 27-04-2017 15:17:02
わたしは一日本人の研究者ですが。
あらゆる角度から考えて、
中華人民共和国と日本の国益を著しく損なうものだと考えております。
幸い自分は日本国だけでなく世界中の方にお話しを聞いていただける身にようやくなりまして。
日本の軍国主義化は自分はいる限りありえないでしょう。
アジアに永遠の平和が訪れるべく。
互いに学べるを学び、伝えるを伝え、
アジアのみながら世界中にその威光を輸出していきたいですね。
近内に日本のみならず世界中の経済、政策、施策などで、
お手伝いをするべく研究所の立ち上げをしています。
例えば人民日報さんや人民報の素晴らしい記事や、歴史に学び。
中国の方にとってもシンクタンクとしてお役に立てる日が来ればよいな、と思っております。
僭越な物言い大変恐縮ですが、人民日報さんもご自愛なすってください。
Kenical