2017年5月26日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

鄭州の看護婦が日本旅行中にてんかんの発作起こした女子中学生助ける

人民網日本語版 2017年05月10日16:04

女子中学生の応急手当をする任双双さん

4月18日午前9時半、日本の浅草寺で一人の日本人中学生がてんかんの発作を起こし、泡を吹いて路上に倒れてしまった。当時、周囲の人はどうしてよいかわからず茫然としていたものの、ちょうど旅行に来ていた中国人の看護婦・任双双さん(28)が迷うことなくすぐに応急手当を施した。任さんは救急車が来ると、そのまま立ち去ったという。鄭州晩報が報じた。

旅行中にてんかんの発作を起こした女子中学生に遭遇

任さんは2012年に大学を卒業してから、河南省腫瘤病院で働いており、今は一般外科の看護士をしている。そんな任さんは4月18日、友人とツアー旅行で日本に来ていた。そして、東京の浅草寺を観光していた時に、社会見学に来ていた中学生を見かけた。

すると突然、「人が倒れた!」との騒ぎが起き、任さんはとっさに人だかりをかき分けて、倒れた女子中学生のところへ行き、容体を確認した。

当時、その女子中学生は意識がもうろうとし、けいれんを起こし、口から泡を吹き、顔には黒い点のようなものができていた。任さんは当初、食中毒の疑いがあるとみて、ツアーの通訳を通して、女子中学生の同級生に「何か思い当たることはないか?」、「このようなことが起きたことがあるか?」と聞いてみた。すると、同級生は、「以前にも同じようなことが起きたことがある」と答えたため、任さんは「てんかん」と判断した。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

みっちゃん - 14-05-2017 12:17:34
政治的な部分は除き
人間交流の場では国籍も人種もないことを
教えてくれました
中国を少し好きになりました。