2017年5月15日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

北京地下鉄17号線2020年開通予定 主要駅に停車する快速列車も運行

人民網日本語版 2017年05月15日11:12

北京市軌道交通建設管理有限公司は11日、通州・東城・朝陽、昌平4区を南北に貫く地下鉄路線となる地下鉄17号線には、主要駅だけに停車する快速モデルが採用され、始発駅と終着駅との所要時間はわずか56分7秒であることを明らかにした。これは、17号線開通後、昌平区から通州区まで1時間足らずで移動できることを意味している。国家発展改革委員会の意見付回答書によると、17号線は2020年に開通・営業開始の予定。

〇14本の地下鉄に乗換可能

地下鉄17号線は、北京の中心部を南北方向に貫く交通幹線となる。南端(通州区亦荘駅前エリア)から北端(昌平区未来科技城エリア)までの間に、通州・東城・朝陽・昌平という4つの行政区を経由する。

北京市軌道交通建設管理有限公司の担当者によると、17号線には計20駅が設けられるという。20駅のうち、記者が取材した次渠駅を含む10駅で13号線・15号線・10号線・6号線・1号線・7号線・14号線・28号線(CBD線)など14の路線に乗り換えることができる。東大橋駅や十里河駅など一部の乗換駅では、3線への乗り換えが実現する。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント