2017年5月26日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

外交部、米艦の中国南沙海域進入に強い不満

人民網日本語版 2017年05月26日10:06

外交部(外務省)の陸慷報道官は25日の定例記者会見で「米国のミサイル駆逐艦『デューイ』が25日朝、中国政府の許可を得ずに中国の南沙(英語名スプラトリー)諸島の島・礁近海に勝手に進入した。中国海軍は法に基づき米艦に対して識別・確認を行い、排除警告をした」と述べた。

陸慷報道官は「米軍艦の行為は中国の主権と安全保障上の利益を損なうものであり、海空の不測の事態を極めて引き起こしやすい。中国側は強い不満と断固たる反対を表明する」と指摘。

「中国は南沙諸島及びその周辺海域に対して争う余地のない主権を有する。中国側は各国が国際法に基づき南中国海で有する航行及び上空飛行の自由を一貫して尊重し、維持している。だが航行と上空飛行の自由を名目として中国の主権と安全を損なおうとするいかなる国に対しても断固として反対する」と述べた。

陸報道官はまた「現在、中国とASEAN諸国の共同の努力の下、南中国海情勢は緩和に向かい、かつ前向きな趨勢を示し続けている。米側の行為は対話・協議プロセスへの重大な妨害であり、他国を損ない自国も利さない」と述べた。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年5月26日

関連記事

コメント

最新コメント