2017年6月17日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

92後世代の若者 視野広がり不安も増大

人民網日本語版 2017年06月17日09:55

中国に昔からあった、労働によって富を生み出し、生産によって資産を積み上げるという考え方が、若い世代の間ではまったく違ってきている。1992年以降に生まれた新世代の青年「92後世代」は、かつてないよい時代に出会ったといえる。彼らは一様に優れた物質的環境の中で育ち、上の世代の人々よりも広い視野をもつ。ロマンチックで情熱的だが思考や行動が足りず、こうした背景と特徴が彼らの直面する新しい生活がどんなものになるかを決定づけている。新華網が伝えた。

92後世代はインターネット業界の新貴族を崇拝する。その理由はなんといってもこの新しい富豪たちが体現する一連の価値観にある。環境保護に対する関心、動物愛護、同性愛文化の容認、市場経済への賛同などで、これは実際には1960年代に西側世界の青年が世界に抵抗していた時期に生み出された価値観だ。

比較すると、中国の92後世代と60年代の西側世界のヒッピー精神には違いがある。92後世代はヒッピーたちほど過激ではなく、もっと穏やかでソフトだ。1980年代生まれ(80後)が登場した時、上の世代の中国人は「後世畏るべし」と感じ、若者が活発に動き回るのをみるにつけ、90年代生まれ(90後)が登場する頃には若者はどんなに過激になっているだろうかと考えていた。だが現実はそのようにはならかった。90後は現状への満足度が高く、社会的テーマに関しては80後のように過激ではなかった。

92後世代は不安を感じている。不安に駆り立てられて自分自身についてますます深く考えるようになっている。若い世代の見識は広く、より豊富な世界を見聞きしているが、それがかえってより大きな不安をもたらすのだ。

92後世代はいつでもどこでもソーシャルネットワーキングサービスで発言し、携帯電話のアプリケーションを利用してバーチャルなネットワークと相互連動し、ネット時代の成功モデルや質の高い暮らしにリアルタイムで注目している。だがネットワークの外に出れば、彼らのほとんどが経験を積み上げるスタート地点に立ったばかりで、やはり上の世代と同じように工業化時代の上昇プロセスを踏まえて一歩ずつ小さな努力を積み重ねており、わかりやすく言えば、彼らの稼ぐ力は欲望する力の強さにはるかに及ばないということだ。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング