2017年6月20日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>科学技術

西太平洋深海リアルタイムデータを中国が190日間以上入手

人民網日本語版 2017年06月20日10:48

中国科学院海洋研究所は19日、科学研究者が190日間以上の西太平洋深海リアルタイムデータを入手したと発表した。これは中国深海データのリアルタイム伝送が、安定運行の段階に入ったことを意味する。新華社が伝えた。

中国科学院海洋研究所の王凡所長によると、海洋リアルタイムデータ観測はこれまで長い間、衛星リモートセンシングとブイが中心だった。水中・深海データの観測に用いる潜水ブイは毎年1回しか回収できず、前者のようにリアルタイムでデータを伝送することができない。

王氏は「昨年末の航海において、科学調査隊員は西太平洋潜水ブイ観測網の伝送手段を改良した。隊員は水面にデータリアルタイム伝送フロートを投入し、無線・有線という2つの手段により潜水ブイと連結させた。潜水ブイがデータをフロートに伝送し、フロートが衛星に伝送し、そこからさらに衛星が地上にフィードバックする」と説明した。

改良版潜水ブイはすでに190日以上のリアルタイムデータを伝送している。これらのデータには潜水ブイの状態、海水の流速や流れる方向、水圧のデータなどが含まれる。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年6月20日

関連記事

コメント

最新コメント