2017年6月30日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

7月は中国国産映画が続々公開 人気芸能人の多くが出演

人民網日本語版 2017年06月30日16:50

中国では、5月と6月に洋画が次々に公開されたのに対して、7月は「夏休み映画」のシーズンとなるため、中国国産映画がしのぎを削ることになる。鄭州晩報が報じた。

今年は、香港祖国復帰20周年、中国人民解放軍建軍90周年に当たり、7月はそれを祝う豪華キャストの「建軍大業(The Founding of An Army)」と女優の周迅(ジョウ・シュン)と俳優の彭于晏(エディ・ポン)が主演の「明月幾時有(Our Time Will Come)」の大作映画2作品が公開される。同2作品は、いずれも中国の国策を反映した「主旋律映画」であるものの、そのイメージは全く異なる。「建軍大業」は劉偉強(アンドリュー・ラウ)がメガホンを握り、人気ベテラン役者やイケメン俳優など人気芸能人54人が出演し、「主旋律映画」に対するイメージを大きく変えるだろう。一方、許鞍華(アン・ホイ)監督がメガホンを握った「明月幾時有」は、戦争に巻き込まれた庶民の物語を詩的に描き、芸術的ムードを漂わせている。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント