• 习主席出访俄德
2017年7月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

モバイクがレインコート販売 多元的収益モデル模索

人民網日本語版 2017年07月06日11:36

ラジオ放送「経済之声」が伝えたところによると、漫画アニメーション、映画、ゲームの世界では、関連商品を打ち出すことがごく当たり前だ。そして今、バイクのシェアリング事業を手がける摩拝単車(モバイク)は自社関連商品を打ち出している。

「微信」(WeChat)のアカウント「摩拝単車中国」がこのほど出した広告によると、独立デザイナーブランドexciTINGと共同で携帯用レインコートを販売することにしたという。このレインコートは非常に個性的な目を引くデザインで、価格は決して安くない。モバイクの微店(WeChatショップ)での販売価格は268元(約4556円)だが、各大手ネット通販プラットフォームで販売量の上位に並ぶのは、基本的に100元(約1661円)以下の商品ばかりだ。

モバイクの微店の情報によると、このレインコートの第1回生産量は300枚で、これまでに50枚ほどが売れたという。シェア自転車の利用者で、こういうレインコートはいらないという人もいれば、買ってもいいと考える人もいる。

モバイクは、「このレインコートはモバイクの新たな試みであり、雨の多い夏のシーズンに移動するユーザーに新たな選択肢を提供することがねらいだ。ユーザーの暮らしによりよくとけ込み、バイクの走行体験がもっと安全に、もっと楽しく、もっとファッショナブルなものになることを願う」と話す。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング