• 习主席出访俄德
2017年7月14日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

劇団四季のミュージカルを中国で上演する王翔浅さん

「中日文化の枠を越えて活躍する人々」インタビュー 第三回

人民網日本語版 2017年07月14日10:21

6月23日、北京では大雨が降りしきる夜となったものの、保利劇院は熱気に満ち、「ピンクの海」と化していた。

その日、保利劇院では、心あたたまるファミリーミュージカル「人間になりたがった猫」が上演された。その夜、同劇院の大ホールには、忙しく働いている女性の姿があった。彼女は、このミュージカルを企画し、プロデューサーを務めた日本の劇団四季の中国代表・王翔浅さんだ。

1992年、留学に日本を訪れた王翔浅さん

北京から東京に行きミュージカルに出会う

大学卒業後、中国語を専門に学んだ王さんは、北京人民芸術劇院に入社し、宣伝・企画、スクリプターなどの仕事をするようになった。その間に、朱旭や朱琳、任宝賢など経験豊富なアーティストと出会うことができ、伝統演劇に関するスキルを磨いた。その後、日本に留学し、好きな演劇を専門に東京大学や東京学芸大学で学んだ。当時は1990年代で、多様性に富み、自由で、新鮮な日本の演劇に王さんは感銘を受けた。「当時、東京ではほぼ毎日、演劇を見ることができた。そして、日本の演劇は表現方法や内容の面でとても自由で、歌舞伎などの伝統演劇はチケットを手に入れるのも難しいほどの人気。西洋風の現代演劇も若者の間で人気を博している」という。

2002年、日本で働くようになっていた王さんは、会社の企画で劇団四季のミュージカル「マンマ・ミーア!」を鑑賞しに行った。王さんにとっては人生初のミュージカルだった。「ミュージカルという、歌と踊りと物語が完璧に融合されたアートを初めて見た。上演後は、観客と役者らが一緒に歌いながら踊り、なかなか劇場を後にしなかった。その時の衝撃と愉快な雰囲気は、伝統演劇では決して得られなかったもの。その時からミュージカルに夢中になり、劇団四季が大好きになった」と王さん。


【1】【2】【3】【4】

関連記事

コメント

最新コメント