2017年6月19日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

又吉直樹さんの中国訪問:国境を超える文学とお笑いの魅力

人民網日本語版 2017年06月19日09:05

「100年前に芥川龍之介が上海を訪問し、今日、芥川賞を受賞した又吉直樹さんが上海を訪問された。時空を超えて、二つのタイムポイントを重ねることができる。国境を超える文学は人と人の距離を縮めてくれる」。13日、日本で活躍する中国人作家・毛丹青さんは又吉さんとの対談でそのように語った。人民網が報じた。

中日国交正常化45周年記念活動の一環として、芥川賞受賞者で、お笑い芸人の又吉さんが中国を訪問し、芥川賞受賞作品である「火花」の中国語版の発売セレモニーに参加し、中国の読者や大学生と交流したほか、中国語版の翻訳者である毛さんと中日の文化について語り合った。

又吉さんの訪問に合わせて、人民網の記者も上海に足を運び、初の中国訪問となった又吉さんの追跡報道を行った。以下の記事を通して、頭脳明晰で、お笑いのセンスに満ちた又吉さんの本当の姿を垣間見ることができるかもしれない。

中国の第一印象「『酒店』はお酒が売っている店ではないんだ」

外見はおとなしそうで、やや暗いイメージに見えるが、又吉さんの何気ない発言に会場は何度も爆笑に包まれた。お笑い芸人として17年間の経験を積み、又吉さんは鋭い観察力と高いお笑いのセンスを磨きあげた。中国の第一印象を聞かれた又吉さんは、「一番びっくりしたのは、『酒店』と書かれている所は、お酒を売っている店ではなく、ホテルであること」と話した。

芥川龍之介も、上海旅行から帰った後、紀行文「上海游記」を執筆し、新聞に連載した。又吉さんも紀行文を書くとすれば、精一杯の笑顔で自分を応援してくれた上海の大学生のことをまず書くだろう。

「学生と交流している時、僕は日本語で話すため、僕の言っていることが分かってもらえているのか分からない。会場の真ん中に座っていたある男子学生がずっと笑顔で、『分かりますよ』と言うかのように、首を縦に振ってくれていた。だから、緊張した時は、うなずいてくれている彼の笑顔を見ると安心した。あの瞬間、僕たちの心は通じ合っていた。彼がいて、彼が分かってくれていると思うだけで、話したいことを話すことができた」。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント