• 习主席出访俄德
2017年7月18日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

世界を啓発する中国

人民網日本語版 2017年07月18日09:10

中国共産党第18回党大会以来の習近平総書記による一連の重要談話は、鮮明な理論観点、深い思想内容を備えるだけでなく、豊かな考え方と取り組み方を包含している。これらの科学的方法は中国の内政・外交において用いられ、世界の驚嘆する成果を挙げている。本文は「戦略思考」「問題指向」「科学的な統合的計画」という、国際世論が大いに注目する3つのキーワードを取り上げ、中国の方法が世界にもたらした啓発を語る。人民日報が伝えた。

■戦略的思考:遠い将来までも視野に入れて試練に対処

第18回党大会以来、国内発展の推進であれ、国際協力の確立であれ、遠い将来までも視野に入れた中国指導者の戦略的思考に世界は終始注目している。新情勢下の中国共産党による国家統治の新思想の全体枠組である「4つの全面」は、外国メディアの熱く議論するキーワードであり続けている。

米ニューヨーク・タイムズは、中国共産党第18回党大会の強調した「小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的完成」から、中国共産党第18期中央委員会第3回全体会議の計画した「改革の全面的深化」、さらに中国共産党第18期中央委員会第4回全体会議の要求した「全面的な法に基づく国家統治」、中国共産党第18期中央委員会第6回全体会議の示した「全面的に厳格な党内統治」にいたるまで、戦略的目標「4つの全面」が明確に示されたと指摘した。

さらに一部の観察者は地域経済発展に関する近年の中国の具体的描写に、中国指導者の戦略的高みを垣間見て感嘆している。2014年末召集の中央経済政策会議は「一帯一路」(the Belt and Road)、北京市・天津市・河北省の協同発展、長江経済ベルトという3大戦略の重点的推進を明確に打ち出した。シンガポールの聯合早報は、地域経済の釣合のとれた発展を後押しするこの3つの重点について、国内の市場と資源の統合、国内外の両市場及び両資源の統合に関わる空前絶後の大戦略だと指摘した。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント