2017年7月31日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

無人スーパーで駆使されているハイテクノロジー

人民網日本語版 2017年07月31日09:08

ネット通販大手・阿里巴巴(アリババ)が運営する無人スーパーが最近、浙江省杭州市でオープンし、話題になっている。無人スーパーはテクノロジーを駆使しており、負担のかかる作業を大幅に減少させている。では、無人スーパーではどのような「ブラックテクノロジー」が駆使されているのだろう? 工人日報が報じた。

顔認識技術

消費者が商品を購入する過程において、入店する際の顔認識技術と、決済する際の商品認識システムが大きな役割を果たしている。

顔認識技術は人の顔の特徴に基づいて、入力された画像、または監視カメラのデジタル画像から、人を自動的に識別する技術だ。まず、人の顔があるかを判断し、あると認識されると、顔の位置や大きさ、顔の各パーツなどの情報を読み取る。その後、それらの情報に基づいて、それぞれの顔の特徴を導き出し、すでに登録されている顔のデータと比較して、それが誰かを識別する。

顔認識はほとんどの無人スーパーが採用している技術の一つだ。例えば、アマゾンが運営する無人スーパー・AmazonGoでは、客はまず、専用のアプリで入店用のバーコードを表示し、それを入り口にあるゲートにかざして入店する。それと同時に、入り口に設置されているカメラが顔認識を行う。採用されているのはアマゾンが自主開発した顔認識システムAmazon Rekognitionだ。ディープラーニング(深層学習)を利用した人工知能技術で、画像を分析し、画像の内容や関連対象の内容を詳しく分析することができる。また、スキャンした画像に映る人物の性別や表情、感情、服、さらにひげなども分析することができる。

RFタグ――無線周波数認識技術

無人スーパーで採用されている技術を一言で総括するなら、各商品に付いている「RFタグ」だろう。同技術では電磁界や電波などを用いた近距離の無線通信によって、RFタグに埋め込まれたID情報を読み取り、関連のデータを取得する。そして、接触することなく商品を認識し、商品を購入することができる。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング