2017年8月3日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

中国シェア自転車が海外進出 慎重姿勢で悲喜こもごも

人民網日本語版 2017年08月03日08:21

シェア自転車の摩拝単車(モバイク)は1日、英国・ロンドンでの営業をスタートしたことを明らかにした。過去2ヶ月間に、モバイクをはじめとする中国のシェア自転車企業が英国、日本、イタリアなど海外市場へ急速に進出しており、平均すると2週間に1都市の割合で海外市場への配置を進めている。「中国新四大発明」と評価されるシェア自転車だが、海外進出の様子は悲喜こもごもで、政策などが原因の「水が合わない」状況にも直面している。「北京日報」が伝えた。

▽第一期は750台を投入

1日、中国からきたオレンジ色の自転車が英国の首都ロンドンを走る様子が見られ。モバイクの海外進出の8番目の都市として、ロンドンにはシェア自転車750台が投入された。現在、英国ではロンドン、マンチェスター、サルフォードの3都市で、29ポンド(1ポンドは約146.2円)の保証金を支払えば、30分あたり0.5ポンドでモバイクのシェア自転車サービスを利用できる。

海外ではシェア自転車は珍しくないが、どこでも乗れ、どこでも止められ、携帯電話でロックを解錠でき、地図でいつでも位置を確認できる自転車は、ロンドンの人々が初めて見るものだ。

現在、「新四大発明」の1つであるシェア自転車が、中国から世界に広がりつつある。今年6月には、モバイクが6億ドル(1ドルは約110.7円)の融資を獲得し、国際化プロセスの加速を宣言するとともに、年内に世界の200都市に進出する計画を明らかにした。もう1つのシェア自転車大手ofoも後塵を拝することなく、シンガポールやタイなど各国への進出を加速させている。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング