2017年8月4日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

上半期海外旅行報告 オンライン各社は新一線都市に重点

人民網日本語版 2017年08月04日08:23

中国観光研究院と旅行予約サイト・携程旅遊がこのほど共同で発表した「2017年上半期中国海外旅行者報告」の「2017年上半期海外旅行出発都市上位20」ランキングでは、上海、北京、広州がベスト3に並んだ。上位20位入りした都市は、一線都市を除くと残りは観光旅行市場の「新一線都市」ばかりだ。新一線都市は成長ペースが速く、消費能力が高く、その大部分が毎年のべ100万人から200万人の海外旅行客を送り出し、その数は増加を続けており、大手オンライン旅行会社の配置の重点にもなっている。中国経済網が1日に伝えた。

▽上半期中国海外旅行客数はのべ6203万人で5%増加

国家観光局がこのほど発表した統計データによると、2017年上半期に中国の海外旅行客(アウトバウンド観光客)はのべ6203万人に達し、前年同期ののべ5903万人より5%増加した。同期の訪中観光客(インバウンド観光客)はのべ6950万人で、インバウンドがアウトバウンドをのべ747万人上回り、国際観光収支は黒字を保った。同報告の予測では、17年の中国国民のアウトバウンド消費額は16年の1098億ドルをさらに上回るとしている。

インターネットが中国のアウトバウンド観光を後押しする重要な原動力になっており、オンライン旅行サイトと携帯電話が中国の観光客にとって下調べや検索や予約の重要ルートとなっている。携程をはじめとするオンライン旅行会社は日本、シンガポール、米国、欧州などでも配置や投資を進め、中国人観光客にサービスを提供している。

17年には中国のパスポートの「重み」がさらに増し、世界各国が中国人観光客を迎え入れるために力を尽くした。中国国民が観光旅行に出かける国が拡大を続け、現在は153ヶ国に達する。外交部門のまとめた統計では、7月11日現在、中国の普通パスポートを持った中国国民に入国に関して何らかの優遇を提供している国・地域は65ヶ国・地域に登る。普通パスポートでビザ(査証)を相互に免除する国が10ヶ国、中国国民に対してビザを免除する国が16ヶ国、中国国民に現地ビザの発行を認める国が39ヶ国で、欧州のセルビアやモンテネグロも対中ノービザを検討中だ。

現在、全国で個人が保有する普通パスポートで有効期間内のものは1億2千冊に達する。つまり、中国人の10人に1人がパスポートを持っているということ、また中国人の90%はまだアウトバウンド市場に足を踏み入れておらず、市場の潜在力は依然大きいということだ。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング