2017年8月14日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

「シェア・トレーニングルーム」が登場 トレッドミルは5分で1元

人民網日本語版 2017年08月14日11:13

北京にこのほど、「シェア・トレーニングルーム」と名付けられた珍しい設備が登場した。利用者はスマホのアプリをダウンロードして登録、実名による認証とデポジットの支払いを済ませた後、自分の「パーソナル・トレーニングルーム」を利用できる。利用料は5分間1元(1元は約16.3円)となっている。中国新聞網が伝えた。

〇1元でトレッドミル5分間使用可能、エアコン・TV完備

シェア自転車、シェア睡眠カプセル、シュア・モバイルバッテリー(充電宝)などの「シェアスタイル」に続き、「シェア・トレーニングルーム」がこのほど、北京の複数の団地内に登場した。

これらの「ミニ・トレーニングルーム」は専有面積が5平方メートルほどで、部屋の中にはトレッドミルが1台設置されている。このマシンを使用するには、利用者はスマホでアプリをダウンロードし、登録作業を行い、実名認証とデポジット支払いを済ませる必要がある。利用する際に、トレーニングルーム入口ドアのQRコードをスマホでスキャンすれば、ドアが開く。トレッドミルの使用開始と同時に、アプリが時間計測をスタートする。

製品のカスタマーサービス担当者によると、シェア・トレーニングジムは24時間利用可能という。

記者がトレーニングルームを体験してみた。一般のトレーニングジムと比べ、シェア・トレーニングルームはやや粗末な感じがするが、運動を行う上での基本的なニーズは満たしている。室内のトレッドミルは、一般のトレーニングジムのトレッドミルとは大差ない。利用者は自分の好みに応じて、速度調節と傾斜調節をすることができる。

室内にはトレッドミルのほか、エアコン、テレビ、照明器具が配備されている。利用者は、トレッドミルでの走行中にテレビを観ることができる。室内の温度も、エアコンで自由に調節できる。

このほか、一日単位の衛生記録ノートが置かれている。紙面には、床・トレッドミル・テレビ・エアコン送風口に関する日々のチェック状況が記載されている。部屋の隅には、1台の小型消火器が設置されていた。

利用料金については、利用者は登録時に99元のデポジットを支払うことになっている。トレッドミルの利用料金は、5分間1元と定められている。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント