雲南キンシコウが3845頭まで増加

人民網日本語版 2021年05月03日09:38

雲南人民出版社の「雲南キンシコウ保護緑書」が4月28日、昆明市で正式に発行された。これにより雲南キンシコウの全域動的観測の重大な科学研究成果も公開された。雲南キンシコウの数は1996年のおよそ13群れ・1000-1500頭から、現在の23群れ・3845頭まで拡大した。澎湃新聞が伝えた。

雲南キンシコウは生息する標高が最も高い霊長類の一種で、中国Ⅰ級重点保護野生動物に指定されている。(撮影・張志雲)。

雲南キンシコウは世界自然遺産「三江併流」で生息する象徴種で、中国固有の絶滅危惧野生動物だ。雲南キンシコウの保護は3つの段階を経てきた。1979年に初めて野生の雲南キンシコウの群れが発見されてから2000年までは、個体群の数、個体群の大きさが不安定な段階だった。

阿拉善SEE西南プロジェクトセンターは2016年、科学研究学校と共同で、雲南キンシコウの全面調査の議案を提出した。阿拉善SEE生態協会と北京市企業環境保護基金会が2017年に100万元の始動資金を寄付し、雲南省林業庁が「雲南キンシコウ全域動的観測プロジェクト」の実施を承認した。

同プロジェクトは世界で初めて雲南キンシコウの個体群の数、分布面積、生存環境など全面的な調査を行い、系統的で揃った情報記録を取得した。また初めて雲南キンシコウの個体群遺伝子バンクや地理情報データバンクなどの総合的なデータ記録を作り、未来の保護に向け基礎的な科学的方針決定データを提供している。(編集YF)

「人民網日本語版」2021年5月3日

最新ニュース

注目フォトニュース

コメント

| おすすめ写真

ランキング