2017年3月30日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

希望に満ちる物語「不思議の国のトットちゃん」の中国語版が発売

人民網日本語版 2017年03月30日14:45

日本の司会者で作家の黒柳徹子さんの自伝的物語「不思議の国のトットちゃん」の中国語版発表会が29日午後、北京で開催。有名教育家の孫雲暁さんや有名出版家の猿渡静子さんらが駆け付け、同書を読んだ感想を語った。孫さんは、「黒柳さんは、子供の世界や子供の心、児童教育などに対して純粋で、自然な気持ちを抱いている」と同書の魅力を語った。中国新聞網が報じた。

「不思議の国のトットちゃん」を刊行した新経典文化によると、同書は「窓ぎわのトットちゃん」の姉妹編で、「トットちゃん」が大人になってからのユニークなエピソードを綴っており、「窓ぎわのトットちゃん」の内容を補足する形となっている。また著名な画家・絵本作家のいわさきちひろが挿絵を手掛けており、「トットちゃん」をよりはっきりとイメージできるようになっている。

孫さんは、「黒柳さんは60-70歳の時にこの物語を書いたと思われるが、彼女は子供のような心を依然として保っており、好奇心に満ちていることが読み取れ、とても驚いた。その鮮明な個性は変わっていない。黒柳さんは子供の頃の事を書いているだけでなく、人生で経験したことを通して、子供時代に対する理解、子供の心に対するあこがれ、自身の幸せな暮らしなどを表現している」と評価している。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント