2017年9月8日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

新着|政治|経済|社会|文化
中日|科学|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

河北省に雄安新区を設立 歴史的意義ある重大決定

人民網日本語版 2017年04月06日11:06

中国共産党中央委員会と国務院はこのほど通達を出し、河北省に雄安新区を設立することを決定した。雄安新区設立にどのような背景や重大な意義があるのか。場所がどうしてここに決まったのか。今後の計画や建設はどうなるか。国家発展改革委員会の何立峰委員長がこうした記者からの質問に答えた。

▽歴史的意義ある重大な政策決定

【記者】河北雄安新区設立の背景と意義を説明してほしい。

【何委員長】河北雄安新区設立は、習近平同志を核心とする党中央が北京・天津・河北の共同発展、北京の非首都機能の秩序ある分散を深いレベルで推進するために打ち出した重大な政策決定だ。雄安新区は深セン経済特別区、上海浦東新区に続く全国的な意義をもった新区であり、国の一大事業だ。

北京市の人口はすでに2100万人を超え、2020年に2300万人という人口調整目標にすでに接近しており、これによってもたらされた交通渋滞、不動産価格の高騰、資源の過度の負荷といった大都市病は、その深層レベルの原因が非首都機能を引き受けすぎていることにある。習近平総書記がたびたび強調するように、北京の非首都機能の分散は北京・天津・河北の共同発展を推進するための重要な段階であり、最重要ポイントだ。雄安新区の建設は北京の非首都機能分散のための非常に重要な構成要素となる。

雄安新区を建設することには、重大な現実的意義と深い歴史的意義がある。

第1に、北京の非首都機能分散の集中的受け入れ地を重点的に建設すれば、北京の大都市病を効果的に緩和し、北京都市副センターとともに北京の新たな両翼を担うことが可能になる。

第2に、地域発展の不足分を早急に補填し、河北省の経済社会発展の質と水準を引き上げ、新たな地域の成長極を育成する上でプラスになり、また2022年に北京で開催される冬季五輪を契機とした張北エリア(張家口市張北県)建設とともに河北省の新たな両翼を形作ることもできる。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング