2017年4月20日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

スタンプで感情表現するネット上のソーシャル文化

人民網日本語版 2017年04月20日09:09

ネット掲示板を皮切りに、チャットアプリのQQ、ブログの微博(ウェイボー)、SNSアプリの微信(Wechat)などが次々と登場し、絵文字やスタンプはこうしたソーシャルメディアの中で広く楽しまれるようになった。そして、英オックスフォード辞典が「15年ワード・オブ・ザ・イヤー」を選出し、「泣き笑い」の絵文字がトップになったり、ウサギのキャラクターTuzkiやアニメキャラクターの阿狸(アリー)などのスタンプが大人気になったりと、絵文字やスタンプは日に日にバラエティに富むようになっている。黄色い顔の絵文字から、医者や教師、アイドルなど各業界の人物をテーマにしたスタンプなど、絵文字やスタンプのユーザーはさまざまな方面の業界に影響を与えるようになってきている。光明日報が報じた。

モバイルインターネット時代を迎えた現在、絵文字やスタンプは依然としてソーシャルアプリ上で活躍するポップカルチャーとなっており、「字は打たずに、絵文字やスタンプだけでチャットする」というインターネットソーシャル文化も誕生している。

新しく発表された「中国のネットユーザーの情報生産・感情的価値構造の変遷報告(2012—16)」によると、感情を表す際、1970-2000年の間に生まれた各年齢層のユーザーにそれぞれの傾向があり、女性は男性より絵文字やスタンプを使って感情を表すことを好む。また、中国北方地方のユーザーは南方地方のユーザーよりも表現が遠まわしだという。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント