2017年5月5日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

子供の声を「騒音」と見る無縁社会の日本

人民網日本語版 2017年05月05日16:34

日本に来ると初めは、「子育て天国だ」と感じる。市役所のホールにはベビーベッドがあり、ショッピングセンターには授乳ルームがあり、赤ちゃんやその母親に対する配慮を随所で感じることができる。しかし、長く日本に住んでいると、それは表面的な部分に過ぎないことに気付く。そして、実際には、「子供が泣いたり騒いだりすると、周囲の人に嫌な目で見られるから、子供を連れて外にはあまり出たくない」と嘆く女性も多い。(文:田泓。新華網掲載)

人気歌手・宇多田ヒカルは最近、あるテレビ番組で、「東京って、なんて子育てしにくそうな街なんだろうってびっくりした」とし、その理由について、「ロンドンで一番いいなって思ったのが、とにかくお母さんと赤ちゃんがそこら中にいて、公園だろうが、レストランだろうが、授乳するにしても、レストランでも嫌な顔されない。日本ではベビーカー持って外で乗り物に乗ると、周りが全く協力してくれない上に、『なんだよこんな時間に』みたいな視線を投げかけられる」と説明した。東京都が2014年に行った調査によると、都内の7割にあたる42の市区町村の保育園で子どもの声がうるさいという苦情が寄せられていることが分かった。苦情を寄せる人は、「規制基準を超える騒音を発生させてはならない」という規定を後ろ盾にしているため、都議会本会議は仕方なく、「保育所や公園での子どもの声を騒音の数値規制の対象外とする」という改正案を可決し、15年4月から施行した。

このように、日本社会は他人の家庭の子供に対して冷淡で、「保育園不足」の解決に力を注ぐ政府の足かせになっている。一人でも多くの女性に出産後に職場復帰してもらおうと、日本は近年、数々の政策を打ち出して、住宅地の空き地などを活用して幼稚園の建設を進めている。しかし、「それはいいことだけど、うちの近くはやめて」というのが住民の本音。東京や神戸など多くの地域の住民は、幼稚園ができると、通行する車が増加したり、騒音が発生したりすることを心配し、幼稚園建設の計画が中止に追い込まれたケースもある。日本は、礼儀正しさで知られる国であるにもかかわらず、「吾が幼(よう)を幼として、以て人の幼に及ぼさば(わが子をかわいがり、その気持ちをよその子まで及ぼす)」というのを実践できないのは少し寂しい話だ。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント