2017年6月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

世界卓球選手権 準決勝で天才少女・平野美宇を破った丁寧が優勝

人民網日本語版 2017年06月06日13:19

世界卓球選手権2017デュッセルドルフは4日、女子シングルス決勝を行い、中国代表の丁寧選手が4-2で後輩の朱雨玲選手を破り、連覇を達成した。

3日夜に行われた丁選手と日本代表の天才少女・平野美宇選手(17)が対決した女子シングルス準決勝も大きな注目を集めた。

同日午後6時半に試合が始まると、丁選手が3ゲームを連取。第4ゲームは平野選手が取り返した。しかし、丁選手は第5ゲームを難なく取り、結局、11-4、11-8、11-5、5-11、11-5の4-1で、平野選手を破って決勝進出を決めた。

日本のネットユーザーは、試合の中継を見ながら、ソーシャルメディアで「丁選手は強すぎる」とつぶやいた。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント