2017年6月26日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

大国の責任感を示す「一帯一路」

人民網日本語版 2017年06月26日13:36

第6回世界平和フォーラム(主催:清華大学)が24、25両日に北京で開催された。中国、米国、ロシア、フランス、インド、オーストラリア、日本など20数カ国・地域の来賓450人余りが「国際安全保障上の試練への対処:合力、責任、変革」とのテーマをめぐり、世界の安全保障情勢の抱える試練、反グローバル化の趨勢下の国際安全保障などについて踏み込んで議論した。「一帯一路」(the Belt and Road)イニシアティブ、中国の責任感及びグローバル・ガバナンス・システムの変革も再び熱く議論された。

出席者の一致した見解では、世界の多極化、経済のグローバル化、社会の情報化、文化の多元化の深い進行、平和的発展、協力・ウィンウィンは不可逆の時代の潮流となっている。「一帯一路」イニシアティブは大国としての中国の責任感を示すものであり、グローバル経済の発展を推し進め、各国が力を合わせて国際安全保障上の試練に対処するうえでプラスだ。

「中国経済は急速に発展し、世界最大のエコノミーの1つとしてグローバル経済の発展において中国の担う責任が大きくなっている」と、アイスランドのStefan Skjaldarson駐中国大使は指摘した。米国のグレアム・アリソン元国防次官補もこれに賛同。「一帯一路」イニシアティブは中国経済の急速な発展の重要な延伸だと指摘した。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント