2017年6月26日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

夏季ダボス会議まもなく開幕 4つの注目点

人民網日本語版 2017年06月26日17:33

世界経済フォーラムの2017年度ニュー・チャンピオンズ年次総会(夏季ダボス会議)が27日から29日にかけて、遼寧省大連市で開催される。3日間の会期中に200回を超える分科会が行われる予定で、この過密なスケジュールの中、どのような見逃せない注目点があるだろうか。中国経済網が伝えた。

▽注目点1:中国は未来の世界経済を引っ張っていけるか?

中国は世界2位のエコノミー、世界一の貿易国として、経済の一挙一動が注目を集め、これまでずっと夏季ダボス会議の注目の焦点にもなってきた。貿易協定から気候変動の問題まで、中国は世界に向けて、「中国は重要なリーダー的役割を担う準備ができている」とのメッセージを発してきた。中国にグローバル経済を牽引する準備ができているかどうかが、今回の総会の重点となる議題だ。

もう1つ注視すべき点は、16年の中国国内消費が世界の国内総生産(GDP)の20%を占めたことだ。今から30年までの間、中国人消費者による世界の消費への寄与度は他国の追随を許さないものになるとみられる。中国人消費者がグローバル経済をどのように変えるのか。各ビジネス界の大物たちが今まさに模索しているポイントだ。

▽注目点2:包括的な成長をどのように実現するか?

第4次産業革命が未来の所得格差を拡大するのか、あるいは縮小するのか、未来の雇用機会を増加させるのか、あるいは減少させるのか。各界のリーダーはどのようにして包括的な、人が中心の技術変革を確保していけばよいか。

技術革新が包括的な成長の核心であることは間違いない。現在のデータやコンピューティングの能力の指数関数的増加からわかるように、コンピューターはついにこれまで想像もできなかったような能力を持ち始めた。どのような政策、協力方法、やり方で人工知能(AI)がもたらす政策面の苦境や副作用を克服できるか、同時に技術のメリットの幅広い共有を確保できるか。今回の分科会では、参加者が人工知能をどのように運営して、持続可能でより高効率の生産方法・技術を実現し、工業生産を転換させるかを重点的に話し合うことになっている。


【1】【2】

関連記事

関連特集

コメント

最新コメント

アクセスランキング