2017年6月27日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

「復興号」の背後にある科学技術強国の夢

人民網日本語版 2017年06月27日08:24

中国鉄路総公司が中心となって研究開発し、中国が完全に独自の知的財産権を持つ中国標準の新型高速列車が25日、「復興号」と命名された。これにより中国の鉄道技術装備における全く新たな時代が到来した。また、これは科学技術強国の夢の実現にとって重要な一里塚となる。(文:胡鞍鋼・清華大学国情研究員院長、任皓・同博士課程生。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

4年半前、習近平総書記は「復興の道」展を見学した際、「中華民族の偉大な復興」という中国の夢を打ち出した。その4年半後である今日、「復興号」が登場し、この復興が偉大な民族の復興を呼びかけている。

1年前の2016年5月30日、習総書記は全国科学技術革新大会、中国科学院第18回院士大会、中国工程院第13回院士大会、中国科学技術協会第9回全国代表大会で、世界的科学技術強国の建設を呼びかけた。習総書記は「2020年までにイノベーション型国家の列に加わり、2030年までにイノベーション型国家の前列に加わり、新中国成立100年までに世界的科学技術強国になる」との「三段階」戦略目標を打ち出した。

世界的科学技術強国とは何か?2016年5月の「国家革新駆動型発展戦略綱要」は、2050年までに世界科学技術革新強国、世界の主要な科学センター及びイノベーション高地となって、富強・民主・文明・調和の社会主義現代化国家の建設、中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現を力強く支える方針を打ち出した。

中国は世界的科学技術強国を建設できるのか?ここでわれわれは、米国のみを追いつき、追い越す対象とする。研究開発費を見ると、R&D投資・資本ストックが中国のイノベーション力の新たな強み及び重要な国家科学技術戦略資源となりつつある。R&D資本ストックは1999年には米国の12%に過ぎなかったが、2015年には37%まで高まり、2030年には135%に達する見通しだ。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント