• 习主席出访俄德
2017年7月19日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

「高速鉄道ネットデリバリーサービス」体験記 発車3分後に熱々の料理届く

人民網日本語版 2017年07月18日16:32

成都駅の回鍋肉(ホイコーロー)、鄭州駅の■面片(■は火へんに会、煮込み平打ち麺)、西安駅の肉夾饃(中国式バーガー)など、各駅にはさまざまな名物料理がある。鉄道当局は今月17日から、高速鉄道の主要27駅において、ネットデリバリーサービスをスタートさせた。試行駅の一つである西安駅では、サービス開始初日、肉夾饃など13種類のデリバリーメニューが登場した。華商報が伝えた。

〇注文は発車時刻の2時間前までに

17日から、列車番号が「G」と「D」で始まる高速鉄道の利用客は、中国鉄道カスタマーサービスサイト「12306」やモバイルアプリを通じて、沿線の試行駅で提供される食事を注文することができるようになる。今回試行駅として同サービスを提供をスタートさせたのは、上海、天津、広州、南京、杭州、西安、瀋陽、長春、武漢、済南、福州、厦門(アモイ)、長沙、成都、重慶、蘭州など主要な高速鉄道停車駅27駅。

サービス開始初日に同サービスを体験してみた。午前8時ごろ、「12306」モバイルアプリを開き、まず西安北駅11時20分発宝鶏南駅行きのD6815号を予約した。乗車券予約画面には、デリバリーサービスのオプションが表示されているほか、ビジネス旅行サービスのページからも同サービスへのアクセスが可能となっている。クリックすると、列車番号、乗車区間、食事サービスを注文する駅名を記入する欄が現れる。

西安駅を選ぶと、ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、大唐騰記臘汁肉夾饃、東東包、永和豆漿の5社が提供する13種類のメニューが表示され、乗客は銀行カードあるいはアリペイ(支付宝)のいずれかの決済方法を選ぶことができる。記者は大唐騰記臘汁肉夾饃とケンタッキーのフルーツジュースを注文し、氏名・電話番号・列車の座席番号を入力した。

注意が必要なのは、各社がそれぞれデリバリーの条件を設けていることだ。記者は2社から食事を注文したが、配達料は2社にそれぞれ支払わなければならず、いずれも8元(1元は約16.6円)だった。肉夾饃は15元、フルーツジュースは12元で、箱代1元が別途かかり、全部で44.5元だった。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント