• 习主席出访俄德
2017年7月18日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

中国が金融を安定させるプラスのエネルギーを世界に発信

人民網日本語版 2017年07月18日08:26

7月14日と15日に中国で全国金融政策会議が開催された。中国の現在と今後の金融関連業務に関する取り組みが発表され、世界で注目を集めている。「実体経済に寄与」、「金融リスクを防ぐ」、「金融改革深化」、「経済と金融の良い循環、健全な発展を一層促進」などのキーワードが、世界経済金融の舞台で大きな反響を呼び、世界でこれらの取り組みの重要性が強調されている。また、中国の取り組みが世界経済の発展を促進する上で果たす積極的な役割に一層注目が集まっている。人民日報が報じた。

20年前にアジアで起こった金融危機が、多くの国で依然として色あせない記憶となっている。その時、多くの人が恐らく初めて、経済のグローバル化が「諸刃の剣」であることを身にしみて感じ、グローバル化時代には金融の安全性を一層重要視しなければならないことを悟った。

経済グローバル化時代である今、金融リスクを予防し、食い止めるための各国の知恵、能力、債務などが試されている。アジア金融危機を目の前に、自国の利益のために何もせずにただ傍観しているだけの国もあったことを多くの人が依然として覚えている。また、危機に拍車をかけることになるにもかかわらず、借金返済を催促したり、資金を撤退させたりする国もあった。当時、中国も数々の課題に直面し、世界の評論家は人民元安へと誘導して、自国を守るようにと声をそろえていた。しかし、中国は、自国の輸出に損失が生じるにもかかわらず、人民元安誘導はしないという立場を守り、東南アジア諸国の金融秩序の安定と経済発展のために、良い環境を作り出すという驚くべき決定を行った。

中国のこの断固とした行動に、海外メディアは、「強固な防火壁が構築され、危機の拡大が食い止められた」と評価した。当時の英国首相のトニー・ブレア氏とフランス大統領のジャック・シラク氏は、声を合わせるかのように称賛の声を上げ、「北京は安定と、責任ある行動の支柱」と語った。米国の格付け機関・スタンダード&プアーズのアジア太平洋地域の経済学家ポール・グルンワルド氏も、「人々はアジア危機が拡大することを心配していた。しかし、中国は為替の安定を図る取り組みを保ち、地域の大きな安定の源となった」と評価した。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング