• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月13日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

日本の「国宝級」清掃員が四川で「世界で最も清潔な空港」支える掃除術披露

人民網日本語版 2017年04月13日10:49

11日、取材に応じた羽田空港の清掃員・新津春子さん

ここ4年日本で最も利用者が多い羽田空港は、2013年、14年、16年に「世界で最も清潔な空港」に選ばれている。その栄誉の背後には、ほうきやぞうきんを手に働いている清掃員約700人の努力がある。(文:雷遠東。華西都市報掲載)

その清掃部門を率いる新津春子(47)さんは中国瀋陽市生まれで、父親は中国残留孤児の日本人、母親は中国人。17歳の時に、一家で日本へ移住した。そして、あるドキュメンタリーがきっかけで、日本の主婦の間でカリスマ的存在になった。新津さんは80種類以上の洗剤を駆使するほか、汚れの原因やその成分をすぐに見分けることができる。その卓越した技術から、日本の「国宝級の職人」とさえ呼ばれている。

そんな新津さんは今月11日、第3回民間航空サービスサミットにゲストとして参加し、「世界で最も清潔な空港」を支える清掃術を紹介するために四川省成都にやって来た。新津さんは取材に対して、「どんなに平凡な仕事でも、心を込めて一生懸命やれば、偉大なことを成し遂げられる」と語った。

日本国内や国際メディアが次々に報道しているため、新津さんはたちまち有名人になり、多くの主婦がわざわざ羽田空港にやって来て、彼女と記念写真を撮影したり、掃除のやり方を聞いたりしているという。そして、清掃中の清掃員を見ると、「ご苦労さま」と声をかけてくれる人も増えたほか、羽田空港が清掃員を募集すると、応募者が殺到するようになったという。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント