2017年9月8日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

新着|政治|経済|社会|文化
中日|科学|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

雄安新区建設の理由と地域選定の理由とは?

人民網日本語版 2017年04月17日16:11

21世紀の北京は、空前絶後の発展を遂げたものの、「大都市病」によるさまざまな苦境に直面している。新華社が伝えた。

▽雄安新区建設の理由とは?

2014年10月17日、習近平総書記は「北京市・天津市・河北省の協同発展計画全体構想枠組」を確認し、指示を出した際、「現在、北京、天津、河北の3エリアは発展格差が大きく、ともに歩み、同じように発展を促進することはできないが、格差がさらに拡大してはいけない。実際の状況から手を付け、条件を満たした地域を選んで率先的に発展を推進し、テストやモデルを通じて他地域の発展を牽引することが必要だ」と述べた。

習総書記はその後も考えを進め、14年末に開催した中央経済活動会議では、「北京市・天津市・河北省の協同発展の核心的問題は北京の非首都機能の分散、北京の人口密度の引き下げ、経済社会の発展と人口・資源環境とのバランスの促進にある」と述べた。

これにより方向性はますますはっきりし、その構想はより明確になり、北京以外の場所に新都市を建設するという戦略的構想が次第に成熟していった。

15年2月10日、中国共産党中央財経指導チーム第9回会議で、北京、天津、河北の協同発展計画綱要の審議検討が行われた。習総書記は演説の中で、「複数スポットと1都市、旧都市の再編」という構想を打ち出した。この「1都市」とは、北京以外の場所に新都市を建設することを検討し、考察するという意味だ。


【1】【2】【3】【4】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング