2017年4月18日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

夢枕獏がファンタジーに描く中国の歴史 映画「空海―KU-KAI―」に期待

人民網日本語版 2017年04月18日09:18

日本のファンタジー文学界では誰もが知る作家・夢枕獏(ゆめまくらばく)の長編伝奇小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」のシリーズ小説が最近、中国の編集出版プロダクション「磨鉄図書」から続々と刊行され、陳凱歌(チェン・カイコー)監督が手掛ける、同小説を原作とした映画「空海―KU-KAI―(中国語名:妖猫伝)」も現在製作中だ。映画がクランクインする前に、夢枕獏と陳凱歌監督は共に唐の都が完全再現された湖北省襄陽市を視察し、原作に対する敬意を表した。(文:陳夢溪。北京晩報掲載)

2016年、小説を基にした中国のスマホゲーム「陰陽師」は、全く型にはまらないその内容でネットユーザーの間で好評を博し、今でもその人気は衰えを見せていない。今年12月22日に公開予定の「空海―KU-KAI―」もそのゲームと同じく、ジャンルはファンタジー。どちらも、夢枕獏が手掛けているという共通点がある。

ゲーム化された「陰陽師」にしても、映画化された「空海―KU-KAI―」にしても、夢枕獏の作品は、それをもとにした関連作品がヒットしたため、中国では大きな注目を集め、日本のこの種のファンタジー小説も中国で人気が高まっている。「空海―KU-KAI―」では、原作がどれほど再現されているかに注目が集まっており、公開されれば読者たちがその点について評価を下すだろう。

夢枕獏は、「日本のファンタジー小説における最強の覇者」と呼ばれており、そのリメイク作品は近年、中国で好評を博している。夢枕獏の本名は米山峰夫で、1951年に神奈川県小田原市で生まれ、73年に東海大学文学部日本文学科を卒業した。そのときの経験を通して、夢枕獏は現実世界の空気を吸い、リアルな「現実感」を養った。それが、「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」という壮大な物語を支える大きな力となっている。

「空海―KU-KAI―」で起用されているネコも多くの猫から選出されたというのは興味深い。小説の中で描かれているこの皇帝・徳宗の死を予言するネコの妖物は読者に愛される存在で、人間の世界をユニークな観点から見ており、多くのことを見抜いているものの、人間の世界にも干渉する立場をとっている。そして、さまざまな怪奇現象を起こしながら、完全にそれを楽しむ。その役を担うのは幾度もの選考を経て選ばれた黒猫「Luna」で、映画の中で非常に重要な役を担っている。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント