2017年5月3日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

心を込めたおもてなしで東方航空初の外国人乗務員リーダーとなった日本人女性

人民網日本語版 2017年05月03日10:14

中国東方航空の日本人乗務員リーダーである関田恭子さんにとって、今年の「メーデー」(5月1日)は特別な日となった。中国で16年働いている彼女が初めて優秀な従業員として、東方航空の表彰大会に参加したのだ。ステージに立ち、花束を受け取ったとき、彼女は「自分の夢の実現にまた一歩近づいた」と感じたという。解放日報が報じた。

旅客一人ひとりにおもてなし

東方航空のベテランフライトアテンダントである関田さんは、子供のころにドラマ「アテンションプリーズ」を見て、スチュワーデスという職業が好きになっただけでなく、中国文化も好きで、2001年に東方航空が日本でフライトアテンダントを募集したとき、迷うことなく上海に来た。それから今に至るまで、中国と日本を結ぶ便のフライトアテンダントとして活躍し、自宅に帰ってゆっくりできる時間は月に3-4日しかない忙しい日々を過ごしてきた。

飛行機に乗る旅客が最も嫌がるのが遅延で、旅客と同じく待つことしかできないフライトアテンダントにとっては、最もストレスを感じる時間となる。ある時、夜中の大阪行きの便が1時間以上遅れ、日本人の乗客は搭乗後も不機嫌で、いろいろと文句を言われたものの、関田さんは日本語で説明するだけでなく、できるだけのおもてなしをし、ずっと笑顔で対応し続けた。すると、乗客も少しずつ理解してくれ、機嫌を直してくれるようになったという。「心を込めてもてなせば、解決できない問題などない。そうすることで、ほとんどの旅客にその気持ちが伝わり、トラブルも解決する」。

そんな関田さんは、「こんなに長く働いていると、『アテンションプリーズ』に対するあこがれはもうとっくになくなった。でも、理解することや一つのことをやり通すことを学び、毎日、一番いい状態で旅客一人ひとりをもてなすようになった」と話す。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント