2017年5月27日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

おじさん一人の食事姿の何が面白い? 「孤独のグルメ」の魅力に迫る(三)

人民網日本語版 2017年05月27日09:51

関連記事:

おじさん一人の食事姿の何が面白い? 「孤独のグルメ」の魅力に迫る(一)

おじさん一人の食事姿の何が面白い? 「孤独のグルメ」の魅力に迫る(二)

雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎にとって、一番の楽しみは、仕事の合間に立ち寄った大衆食堂系の店で、一人でひたすら食事をする。このようなシーンが20分続く。(文:李■城、■は各へんに隹。文匯報掲載)

孤独を愛しそれを楽しむのは文明の副産物

日本は、世界の中でも最も一人旅行に適している場所と言えるだろう。ほとんどの旅館には一人部屋があり、一人で和食を食べるというのも格別の楽しみがある。高級日本料理を食べたいときは、ミシュランガイドおすすめの懐石料理を食べに行けば、一人前でも、前菜、汁物、メイン料理、ごはん、さらにデザートまでフルコースで食べることができる。どうしても時間がないという時なら、「万能」のコンビニがある。「孤独のグルメ」の「深夜のコンビニ・フーズ編」では、井之頭五郎が、深夜のコンビニで、夜食として、「うずらと牛肉の中華風」、「おしんこ」、「玉子焼き」など、十種類以上の食品を買い、それをテーブルに並べて、「なんでお腹は一つしかないんだろう?」とつぶやく。「一人飯」でも、全く問題なく楽しい時間となるのだ。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント